農作物を守ってハクビシン駆除の手間をなくす

農作物が被害に遭わないためには対策が必要です 
農作物が被害に遭わないためには対策が必要です

ハクビシンを近寄らせないための環境づくり

女性作業員

ハクビシンから畑の農作物を守るためには、ハクビシンが襲いにくい環境を作ることが大事です。ハクビシンが侵入しようにも侵入しにくく、また、余り長居したくない環境にすることが理想です。ここでは、そんな環境づくりについて紹介していきます。

ハクビシンが好む環境とは

ハクビシンを始め、野生動物が好む環境とは「餌場がすぐ近くに有ること」が第一条件となっています。例えばイチョウの木が多くある場所は銀杏の実を食べることができます。また、虫も多く住み着くので手軽にエサを確保できる絶好の住処となります。その他にも、民家の屋根裏なども外敵から身を守る絶好の住処になります。

ハクビシンが嫌がるものを知っておこう

  • 刺激の強い臭い
  • 大きな音
  • 忌避剤

上記の3つは、ハクビシンを近寄らせないために役立ちます。例えば、石油系の匂いを発する忌避剤を散布することで住みにくくなるので家を捨てて逃げ出すことは多いですし、大きな音がしょっちゅうなる場所はハクビシンも嫌がります。そのため、追い出しのために爆竹をならして追い出すという手段もあります。しかし、この手段は少々危険が伴う場合があるので、ハクビシン駆除の業者に依頼して行なってもらったほうが効果的です。なお、木酢液もハクビシンが嫌う匂いなので、自分で作って散布するという手段も取ることができます。

巣や糞を片付けることも大事

ハクビシンを追い出した後は、住処だった場所の徹底した掃除が大事です。糞尿によって細菌や害虫が湧く可能性もありますし、またハクビシンが住み着いてしまう可能性が有るからです。あまりにも糞尿の被害が大きい場合はハウスクリーニングの業者に依頼しなければならないケースもあり、余計にコストがかかる可能性も出てきます。よって、ハクビシン駆除は被害が拡大しないうちに解決しましょう。

TOPボタン