ハクビシン駆除が農作物を守るのに繫がります

農作物が被害に遭わないためには対策が必要です 
農作物が被害に遭わないためには対策が必要です

農作物を守るためにハクビシン駆除をしよう

ハクビシン

害獣は、害虫よりも更に厄介です。その被害の規模は虫以上であり、放置すれば取り返しの付かないことになってしまいます。また、畑を耕している場合は特に害獣は脅威であり、ハクビシンによって作物を食い荒らされてしまう農家は非常に多いです。

専門家に聞いた!農作物をハクビシンから守るためのポイント

ハクビシンに農作物を荒らされて困っています。対策を行なう時のポイントを教えてください。
まず、家の周囲にハクビシンが住み着いていないかのチェックを行ないましょう。ハクビシンは安心して住みつける場所を探してそこを縄張りにします。そして、そこから行動範囲内にある畑を襲い、農作物を荒らします。そのため、まずは住処を見つけ、ハクビシンを追い出すことから初めましょう。そして、追い出した後は再び住み着かれないように対策を練りましょう。また、具体的な方法としては追い出した後に忌避剤を散布して再び住み着かれないようにするといった手段があります。

業者にハクビシン駆除を依頼しよう

ハクビシン駆除は基本的には罠を仕掛けて捕獲することになります。というのも、ハクビシンは鳥獣保護法で保護されているので、自治体の許可無く殺処分できません。また、殺処分ではなく捕獲しようにも捕獲用の罠は狩猟免許がなければ使用できないため、個人で行なう対策は限られてしまうのです。よって、早く問題を解決したいのであればハクビシン駆除業者に依頼するとよいでしょう。

ハクビシン駆除の仕方について

ハクビシン駆除を業者にお任せする場合、どのような方法で駆除を行なってくれるかご存知でしょうか。ここでは、そんな駆除業者が行なうハクビシン駆除の方法を紹介します。駆除業者が行なう駆除方法は、基本的に捕獲もしくは追い出しになります。

ハクビシン駆除の主な方法は3つ

捕獲
最も確実に被害を抑えられる方法が捕獲です。主な捕獲方法として、エサを撒いて捕獲器までおびき寄せたり、重さを利用した捕獲用罠を通り道に設置したりと、様々なタイプの罠を状況に応じて使い分けていきます。捕獲したハクビシンを調べることで生態調査や生息数を調べることもできます。なお、前述しましたがこの罠は狩猟免許を所持していなければ使用はできません。
忌避
ハクビシンは学習能力が高い動物です。そのため、一度危険な目に遭えばその場所には近寄りません。その習性を利用するのが、忌避剤を用いた追い出しです。燻煙材などを使って燻しだした後に金網やフェンス、忌避剤を使って再び侵入するのを防ぎます。なお、忌避剤は個人でも扱うことができます。
近寄らせない
上記した忌避剤と平行して行なわれることが多いのが、近寄らせないことです。フェンスを使って入り口を遮断することで再び住処に住まわせることを防ぐ手段です。こちらも個人で行なうことはできますが、僅かな隙間でもあればハクビシンは侵入してしまうので業者にお任せしたほうが確実に被害を防げます。
TOPボタン